CMSウェブキャンバス製品ニュース

ウェブキャンバスユーザー様へご案内

ウェブキャンバスユーザー様へ
新しくなった「サポートコミュニティ」のご案内です。
ウェブキャンバスユーザー様向けのサポート情報は、新しくなった「サポートコミュニティ」でも提供を開始しています。
(従来の「オンラインサポートセンター」でもご覧いただけます。)

新「サポートコミュニティ」のログインIDはすでにご案内済みですが、ご不明なユーザー様は、ライセンス証書をご用意の上、サポートセンターまでお問い合わせください。

<お問い合わせ方法>
電話(平日9:30-17:00):サポート証書に記載されたサポート専用電話へ
ウェブから:お問い合わせフォーム

2008/9/30 ウェブキャンバスの新規販売を終了しました

ウェブキャンバスが進化した新CMS「CMSKIT」がリリースされました

株式会社ノア(NOAH,Inc.)は、2008年4月より、コンテンツマネジメントシステム「CMSKIT」の発売を開始しました。 Web管理の道具箱 「CMSKIT」 2008年4月発売開始 詳しくは、http://cmskit.jp

 株式会社ノア(NOAH,Inc.)は、2008年4月より、コンテンツマネジメントシステム「CMSKIT」の発売を開始しました。「CMSKIT」は、ウェブコンテンツの作成や管理に必要な操作がシンプルかつ直感的であるため、ウェブサイトの分担管理をスムーズに実現できます。コンテンツ作成担当者は「部品」を組み合わせて簡単にテンプレートを作成でき、作成中にブラウザを閉じても自動一時保存から再開可能、画像の自動リサイズ、アクセシビリティ警告(JIS規格準拠)、位置表示自動生成、リンク切れチェック、外国語サイト(Shift_JIS)対応、階層管理などの機能がコンテンツ作成時の負担を軽減します。
 マネジメント機能も充実しており、公開承認のワークフローを自在に構成できるため、公開前にコンテンツの組織的なチェックができます。さらに日時指定公開・非公開を自動化、携帯サイト管理、サイトマップ生成、RSSフィード、フォームメール生成、キーワード検索、GoogleMaps(TM)地図の貼付、ヘッダ一括編集(SEO支援)等の拡張機能「拡張KIT」を必要に応じて組み込むことができるようになっています。
 CMSKITの基本動作は定義ファイルで制御、『拡張KIT』とよぶプラグインを組み込むことで、カスタマイズを行うことなく、様々な機能やデザイン要求に柔軟に対応できるようになります。『拡張KIT』のPlug-INの仕様は公開予定で、開発パートナーも機能をアドインすることができるため、「CMSKIT」は、未来のニーズにも応え続けることがきるようになりました。マスタテンプレートや定義ファイルの作成がより簡単になり、導入から運用開始までの設置工数を軽減、動作環境のハードルも低いため、運用コストはもちろんのこと、イニシャルコストの低減にも大きな効果をもたらします。

<製品名>「CMSKIT」 http://cmskit.jp

<価格> 45.6万円/5ID *本体ライセンスのみ

導入実績を追加しました。

導入実績に「田辺市熊野ツーリズムビューロー様」を追加しました。

導入実績を追加しました。

導入実績に北海道津別町様を追加しました。 緑のふるさと 愛林のまち津別町様のウェブサイトです。広大な森林に囲まれた津別町様らしいデザインテンプレートを使用し、旧サイトからのコンテンツ移行は津別町様で分担実施いただくことで、低コストで、高い効果を上げる目標が実現しました。

導入実績を追加しました。

導入実績に「株式会社呉電子計算センター様」「カーコンビニ倶楽部様」「社団法人 北方領土復帰期成同盟様」を追加しました。

「お客様の声」情報を追加しました。

「お客様の声」コーナーに、学校法人 五島育英会様の声を追加しました。

動作確認サーバーに「Solaris10」を追加しました。

最新バージョンのウェブキャンバスVer.2.4の動作確認サーバーに「Solaris10」を追加しました。

9月より、サポートサービスがサービスチケット制に変わります。

サポートサービスの内容を改定し、サービスチケット制に移行いたします。 サポートサイトでの技術情報の質と量を充実させ、お客様の個別の問題解決への迅速、的確な対応を行うため、サポートサービスの内容を改定し、サービスチケット制に移行いたします。9月以降のご契約を更新いただくお客様よりご案内差し上げます。詳細はお問い合わせください。

8月中のテクニカルサポートについて

【8月中のテクニカルサポート】

 以下のとおり実施しております。

<メールでのお問い合わせ>
・平日15:00までにお問合せ
 当日中にご回答
・平日15:00以降にお問合せ
 翌営業日内にご回答
・土日祝日にお問合せ
 翌営業日内にご回答

<お電話の場合>
お電話でのサポートの場合は、サポート用電話番号へお願いします
・受付時間9:00〜17:00
(土日祝日及び年末年始除く)
お問合せ内容によっては、現象の再現や原因調査ためご回答までにお時間をいただく場合がございます。

【8月中の製品ご購入前のお問い合わせ】

 通常どおり実施しております。

ウェブからのお問い合わせ・見積依頼につきましては、翌営業日内に初回ご回答いたします。
お問い合せ・見積依頼の内容によっては、お時間をいただく場合がございます。

2007-08-03 最新バージョン 2.4.1.001 用の修正パッチ提供開始

最新バージョン 2.4.1.001 用の修正パッチ提供を開始しました。 最新バージョン 2.4.1.001 について以下の修正を行いました。

(1) 画像編集エリア(固定)(WCVIMAGE_FIX)について、同一ページ内で連続使用できない
(2) 更新予約+承認時に予約の取り消しができてしまう
(3) フォーム編集で編集するフォームのデータが大きくなると編集できなくなる
(4) ユーザ名にハイフンとアンダーバーを含む2.1 以前に作成されたユーザがログインできない
(5) padding-left で値が % で指定されていると、ページ編集画面が横に長くなってしまう(InternetExplorer5及び6の問題)

以上の問題に該当されるお客様は、大変お手数ではありますが、修正パッチダウンロードのページから修正パッチをダウンロードし、ガイドに従って修正パッチを適用して下さいますようお願いいたします。

オンラインサポートへ

2007年8月3日

千葉テレビ放送株式会社様への導入事例が紹介されました

2007年8月発行の「Web担当者 現場のノウハウ vol.7」に紹介されました。
Web担当者現場のノウハウ Vol.7 Web担当者現場のノウハウ Vol.7「失敗しないためのCMS導入事例」コーナーで、千葉テレビ放送株式会社様へのウェブキャンバス導入事例が紹介されました。
・・以下は記事抜粋です・・
<サイト概要>
URL:http://www.chiba-tv.com
目的:主に自局のテレビ番組情報を一般の視聴者に届けること。今後は独自コンテンツとして地域情報を増やしていく。人気ランキングに千葉県のイベントカレンダーが上位にくることも
総ページ数:約100ページ
PV数:平均約100万PV/月
オープン:1997年
更新頻度:ほぼ毎日

<CMS導入概要>
・既存サイトをCMS導入と同時にリニューアル
・導入準備+移行期間は約5ヶ月(デザインリニューアル含む)
・CMS導入によるリニューアル作業も併せてCMSベンダーに依頼
・ほぼ作り直し、一部の既存コンテンツはCMSに移行せず以前の状態
・CMSの費用+リニューアル費用で合計130〜140万円
・CMSの保守料12万6千円/年を5年分前払いし、全体をリース扱いに

<導入の目的・解決したかった問題点>
・現場の人が自分でページ情報を更新できるようにしたい
・Web担当者が1名のため、負担を減らしてボトルネックを解消したい
・デザイン一新(新キャラ「チュバ」を使って見栄えのよいデザインにしたい)
・県内のイベント情報などの独自コンテンツを増やしたい

<CMS選定のポイント>
・千葉県で地方自治体のサイト導入実績があった
・CMS自体の価格が100万円以下である
・デザインの自由度が高い
・ブラウザで更新できてインターフェースが使いやすく、ITスキルの低いスタッフでも扱える

大学様の導入実績を追加しました

和光大学様、宮城学院女子大学様、杉野学園様を導入実績紹介に加えました。 2007年春に導入いただきましたサイトのうち、大学様の実績を追加いたしました。「導入実績」をご覧ください。

バージョン 2.4.1.001 がリリースされました(2007-6-13)

バージョン 2.4.1.001をリリースし、WCVIMAGE_FIX を連続使用したときの不具合、リスト編集機能を修正しました。 WCVIMAGE_FIX の連続設置、リスト編集設置されておられますお客様は、誠にお手数をおかけしますが、サポートサイトより最新版のダウンロードとバージョンアップをお願いいたします。

「Web担当者 現場のノウハウ vol.6」に紹介されました。(2007-6-13)

6月30日発行の「Web担当者 現場のノウハウ vol.6」に紹介されました。
Web担当者現場のノウハウ ディレクトリやファイル、HTMLがわからなくても簡単に操作できることが最大の特徴。
組織内でコンテンツの分担管理をスムーズに実現するための工夫がこらされている。
簡単な操作体系を維持しながらも、メール連絡と連携できる承認管理ワークフロー、指定時間公開、時限公開機能、携帯サイト3キャリア同時生成機能、アップロード画像の自動リサイズ機能、アクセシビリティチェック機能、位置表示(パンクズ)自動生成機能など豊富な機能が標準実装されている。
また拡張機能APIを備えたことで、サイトマップ自動生成機能、全文検索機能、RSS出力機能、Google Maps連携機能、カレンダー機能など多くの顧客ニーズに低コストですばやく対応してきている。メンテナンス性も高く、テンプレートの編集作成はユーザーレベルで可能。動作環境のハードルも低いため、トータルコストの削減に寄与できる。導入実績は、全国に支店、営業所を展開する企業や自治体・官公庁・教育機関(高校、大学など)に多く、CMS導入によるサイト運営ノウハウとユーザーから寄せられた要望が、機能開発や充実したサポートに活かされている。
一般企業、自治体、高校、農業向けのサイトデザインやサポートサービスを含むパッケージ商品もリリースされている。

Ver.2.4.0 リリースのご案内(2007-4-18)

2007年4月18日 「CMSウェブキャンバス」をバージョンアップ(Ver.2.4.0) ウェブキャンバスがバージョンアップ(バージョン2.4.0)されました。
サポート契約をされているお客様は、アップデートしてご利用いただけます。
(バージョンアップ内容)
・動作速度の高速化
・XHTML対応
・自動リンク時の画像引用
・固定番号の文字編集領域
・固定番号の画像編集領域
・編集画面に適用できるスタイル増加
・自動リンク先のページ選択方法が改善
・画像のリサイズ時の処理改善
・エイリアス関連の処理改善
・その他不具合の修正

「Web担当者現場のノウハウ vol.5」に紹介されました

4月17日発行の「Web担当者 現場のノウハウ vol.5」に紹介されました。 CMSウェブキャンバスが、2007年4月17日発行の「Web担当者 現場のノウハウ vol.5」(インプレスR&D社発行)に紹介されました。
[掲載記事]
ディレクトリやファイル、HTMLがわからなくても簡単に操作できることが最大の特徴で、組織内でコンテンツの分担管理をスムーズに実現するための工夫がこらされている。簡単な操作体系を維持しながらも、メール連絡と連携できる承認管理ワークフロー、指定時間公開、時限公開機能、携帯サイト3キャリア同時生成機能、アップロード画像の自動リサイズ機能、アクセシビリティチェック機能、位置表示(パンクズ)自動生成機能など豊富な機能が標準実装されている。また拡張機能APIを備えたことで、サイトマップ自動生成機能、全文検索機能、RSS出力機能、GoogleMaps連携機能、カレンダー機能など多くの顧客ニーズに低コストですばやく対応してきている。メンテナンス性も高く、テンプレートの編集作成はユーザーレベルで可能。動作環境のハードルも低いため、トータルコストの削減に寄与できる。導入実績は、全国に支店、営業所を展開する企業や自治体・官公庁・教育機関(高校、大学など)に多く、CMS導入によるサイト運営ノウハウとユーザーから寄せられた要望が、機能開発や充実したサポートに活かされている。

「CMS ウェブキャンバス」バージョンアップのご案内

2007年2月9日「CMS ウェブキャンバス」をバージョンアップしました。 1.「年間サポート」をご契約のお客様は、「オンラインサポート」からバージョンアップ版をダウンロードいただけます。
2.ASPご利用のお客様はバージョナップ日時をメールでご案内しております。

ウェブキャンバスのお見積・提案依頼フォームについて

ウェブキャンバスのお見積・提案依頼は、新しくなった入力フォームをご利用ください。
⇒お見積・提案依頼フォーム

体験Flashアニメが見やすく、わかりやすくなりました

CMSウェブキャンバスの体験Flashアニメをリニューアルしました。
CMSウェブキャンバスを操作・機能ごとに説明しています。これさえ見れば、CMSウェブキャンバスをすぐ使えるようになります。実際にCMSウェブキャンバスを操作できるCMSウェブキャンバス体験サイトをご利用になる前に、ぜひ一度ご覧ください。
体験Flashアニメを見る

「インターネット販売 活! vol.2」に紹介されました

CMSウェブキャンバスが、9月29日発売の「インターネット販売 活! vol.2」(株式会社アスキー発行)に紹介されました。
「月額420円からの社内業務スピード改善」と題した特集の中で、ASP型CMSウェブキャンバスの利点が挙げられています。コンテンツのバックアップ、テンプレートのカスタマイズ、認証権限機能の3つをポイントに解説されており、ASPによる効率的なネットショップ制作・更新管理のツールとして紹介されています。

「Web担当者現場のノウハウ vol.2」に紹介されました

CMSウェブキャンバスが、9月19日発売の「Web担当者 現場のノウハウ vol.2」(インプレスR&D社発行)に紹介されました。

【解説記事】
現行バージョンでは承認管理ワークフロー、予約発行・削除機能が標準で実装されている。一般企業のほかに、自治体・官公庁・教育機関(高校、大学、博物館など)に導入実績が多いのが特徴で、それぞれのサイト運営ノウハウとユーザーから寄せられた要望が、バージョンアップや拡張機能の開発に活かされている。特にウェブアクセシビリティの確保に関する諸機能は、JIS規格の制定・普及とあいまって、大きな特徴の1つとなっている。RSS出力、サイトマップ自動生成、全文検索、カレンダーなどの拡張機能も充実している。ウェブ制作会社・SI会社などのパートナー企業を通じて全国販売も行っており、パートナー企業にとって、低コストで顧客提案しやすいことや、メンテナンス性が高いことも特徴。自社ブランドで販売したいパートナーに向けて、OEM販売にも対応している。

CMSウェブキャンバスの最新バージョン(2.3.3)をリリースしました

主な変更点は、ロック関連の不具合修正、ページ編集の予約機能追加、自動発行・削除機能追加、安定性の向上です。   
 
【主な変更点】

●ロック関連の不具合を修正
ページ発行時に、予期しないロック解除が起こり、ページの発行が出来なくなる不具合がありました。バージョンアップ後は上記不具合が解消されます。

●ページ編集の予約が可能に
今まで新規発行と削除について日時指定予約が出来ました。
新バージョンでは既存のページを編集した時にも日時指定予約が出来るようになりました。

●自動発行・削除が可能に
ページ発行・削除時に関連ページが他ユーザによって編集中の場合他ユーザの編集が終り次第自動的に発行・削除される機能を実装しました。

●安定性の向上
ロック機構を一新し、ページ編集・発行・削除時など、機能全般について安定性の向上を図りました。

2006年8月3日 導入実績に北海道豊頃町様を追加しました

豊頃町様は、北海道十勝地方にあるハルニレをシンボルとした町です。
ウェブサイト運用の効率化とアクセシビリティの維持・向上をめざし、CMSウェブキャンバスを導入されています。
⇒導入実績

「Web担当者現場のノウハウ Vol.1」に紹介されました

CMSウェブキャンバスが、インプレスR&D社発行(2006-8-28)の「Web担当者現場のノウハウ」に紹介されました。 [Web担当者現場のノウハウ]
[解説記事]
現行バージョンでは承認管理ワークフロー、予約発行・削除機能が標準で実装されている。一般企業のほかに、自治体・官公庁・教育機関(高校、大学、博物館など)に導入実績が多いのが特徴で、それぞれのサイト運営ノウハウとユーザーから寄せられた要望が、バージョンアップや拡張機能の開発に活かされている。特にウェブアクセシビリティの確保に関する諸機能は、JIS規格の制定・普及とあいまって、大きな特徴の1つとなっている。RSS出力、サイトマップ自動生成、全文検索、カレンダーなどの拡張機能も充実している。ウェブ制作会社・SI会社などのパートナー企業を通じて全国販売も行っており、パートナー企業にとって、低コストで顧客提案しやすいことや、メンテナンス性が高いことも特徴。自社ブランドで販売したいパートナーに向けて、OEM販売にも対応している。

News Releaseを見る

2006年7月14日 体験サイトをリニューアルしました

業種別のサンプルを一新し、ひとつひとつ中身の濃い体験サイトへとリニューアルいたしました。この機会に、是非一度体験サイトをご利用ください。
また、今回のリニューアルに際しまして、「一般企業」「自治体(旧:行政機関)」のログインID・パスワードが更新されています。
以前のID・パスワードはご使用いただけませんので、恐れ入りますが再度IDのお申し込みをお願い申し上げます。
体験サイトID申し込み

2006年7月13日 バージョン 2.3.2 がリリースされました

CMSウェブキャンバスのバージョン 2.3.2 がリリースされました。

変更内容やアップデート情報は、オンラインサポートセンター

★★北海道セミナーキャンペーン開催中!!★★

2006年6月15日〜2006年8月15日の対象期間中、CMSウェブキャンバス本体およびオプション合計30万円以上(税別)をお買い求めいただいたお客様は「北海道セミナーキャンペーン」にご参加いただけます。

2006年3月27日 メディアに掲載されました

4月1日発売『Web Site Expert #06』(技術評論社)のトピックに、CMSウェブキャンバス(P.94)が掲載されました。

2006年2月15日 体験サイトにRSS出力、アンケート生成・集計、サイトマップ自動生成を実装

これまでご要望の多かった、数々の機能を実装いたしました! RSS出力機能、アンケート生成・集計機能、サイトマップ自動生成機能に完全対応しました。
詳細はお問い合わせください。

2006年2月6日 メディアに掲載されました

2006年1月30日発売『Web Master 完全ガイド Vol.02』(インプレス)の記事「商用CMS製品ガイド」に、CMSウェブキャンバスの製品詳細データ(P.168)が掲載されました。

News Releaseを見る

2005年11月15日 さまざまな拡張機能に対応、まずはアクセス解析とカレンダー管理から

2005年10月下旬にリリースされたバージョン2.1.0では、以下の拡張機能に対応しています。 (1)アクセス解析機能 (Google Analytics 利用)
 Google社より無償で提供されるアクセス解析ツール「Google Analytics」に完全対応しました。これにより、きわめて低コストで高機能なアクセス解析をご利用いただけます。

(2)カレンダー管理機能
 CMSウェブキャンバスと親和性の高いカレンダー管理ツール「MyCalendar」の提供を開始しました。

 いずれも詳細はお問い合わせください。

2005年11月1日 メディアに掲載されました

2005年10月発売『SWPRムック第2弾 ソフトウェア商品55選』(発売:株式会社メディアセレクト)の記事「SWPR注目商品」に、CMSウェブキャンバス(P.131)が掲載されました。

2005年10月26日 バージョン 2.1.0 がリリースされました

CMSウェブキャンバスのバージョン 2.1.0 がリリースされました。
体験サイトで新しいバージョンをお使いいただけます。→ 体験サイト
主な変更点
・フォーム編集が可能になりました。
・ユーザインタフェースの改良を行い、さらに使いやすくなりました。
・設置や環境設定がより簡単になりました。

2005年10月11日 メディアに掲載されました

9月29日発売『Web Site Expert #04』(技術評論社)の記事「ここが知りたかった! CMS選択/活用のポイント」に、CMSウェブキャンバスの記事(P.94)が掲載されました。

2005年7月12日 メディアに掲載されました

7月11日発売『Web Master 完全ガイド Vol.01』(インプレス)の特集「CMS完全カタログ」に、CMSウェブキャンバスの製品詳細データ(P.61)とPR記事(P.80)が掲載されました。

2005年7月9日 新価格発表

従来の価格体系を一新して、年間ライセンス提供を加えました。 また多くのお客様が必要な「公開承認管理機能」、導入時サポート「スターターパック」を標準パッケージとし、簡単かつより低価格でご提供を開始いたします。

2005年7月1日 ASP環境を増強

CMSウェブキャンバスのASP環境を強固なセキュリティを誇るデータセンターに移行しました。 また管理ツールPLESKでホスティング管理も簡単になりました。

大学での活用をイメージした体験サイトを追加しました。
こちらからお申し込みください。

2004年11月11-12日 ビジネスEXPOで発表!

ビジネスEXPO(11/11-12開催・札幌市)でCMSウェブキャンバスver.2を発表いたしました。
ビジネスEXPOに出展

2004年11月1日 11/11-12 開催のビジネスEXPOに出展します。

ビジネスEXPO(北海道 技術・ビジネス交流会)〜ITビジネスの可能性を探る〜 が、11月11日(木)〜12日(金)の両日、札幌市(アクセスサッポロ)で開催され、CMS コンテンツマネジマントシステム『ウェブキャンバス Ver.2』を出展いたします。また、11日午前10時45分〜11時および11時〜11時30分の間にプレゼンテーションを行います。 会場ではCMSウェブキャンバスをお試しいただけます。ぜひお立ち寄りください。

2004年11月1日 CMSウェブキャンバスが機能アップ、さらに簡単になります。

CMS コンテンツ管理システム『ウェブキャンバス Ver.2』は、携帯向けコンテンツ(3社)自動生成、アクセシビリティ対応(JIS8341準拠)、多段階グループ承認管理、日時指定ページ発行、ブロック編集、一括貼り付けなど機能を充実しました。 機能が増えても操作が煩わしくなることはありません。CMSウェブキャンバスのコンセプト「簡単であること」はVer.1を導入いただいた多くのお客様に支持されています。
CMSウェブキャンバス Ver.2はいまあるコンテンツを無駄にしません。既存ページ内の頻繁に更新が必要な部分だけをCMSウェブキャンバスで編集可能にしたり、現在のページデザインにあわせて新規作成するためのテンプレートを作成することができます。CMSのために高価なハードウェアやミドルウェアを導入したり、全面的なリニューアルをする必要はありません。導入も簡単で低コスト。CMSウェブキャンバス Ver.2でコンテンツ管理のめざましい効率化を実現できるでしょう。

2004年10月19日 北海道新聞で紹介されました。

10月19日(火) 北海道新聞
網走・美幌版(27面) 掲載記事
「HPの更新ぐんと手軽に 従来より格安、携帯にも対応(北見で先行発表)
〜網走のシステム開発会社「ノア」がソフト完成〜」 <記事要旨>
 「CMSウェブキャンバス2」は、11月1日発売予定で、従来品より格安。携帯電話のウェブサイトにも対応しており、一度の更新で自動的に携帯電話会社別に変換されます。 同時に、ホームページ作成と更新機能がセットになった「CMSウェブキャンバス・ライトパック」も発売します。中江社長は「価格と使い勝手の障壁を低くしました。ホームページを有効に使って、海産物や農作物など地元の魅力をどんどん発信してほしい」と話している。
CMSKITを体験する
CMSKIT お問い合わせ